空が青くて涙が出るよ

ブログタイトルはビートルズのBecauseという曲からです。深い意味はありません。

インスタには全てがある - 『ビリー・オン・ザ・ストリート』エマ・ストーン回

エマ・ストーン・オン・ビリー・オン・ザ・ストリート。

f:id:nicjaga:20180914161752j:plain

「ビリー・オン・ザ・ストリートが帰ってくる」という記事を書いている最中に帰ってきていました、ビリー・オン・ザ・ストリート。想像よりずっと早かった……ありがとう世界。

こちらがその記事。上げたてほやほや。『ビリー・オン・ザ・ストリート(Billy on the Street)』がどんな番組なのかと、過去作品を少し紹介しています。

nicjaga.hatenablog.com


そして記念すべき新シーズン第一回目のゲストはエマ・ストーン!「いつになったらエマ・ストーンはインスタグラムを始めるのか」、「エマ・ストーンはホラー映画に出るべきか」、「なぜエマ・ストーンはインスタグラムを始めるべきなのか」など、ビリーの疑問にニューヨークの人々が答えます。

www.youtube.com

(0:00~)
Billy: Hey guys, it's Billy! You know, there are so many questions on our minds these days. Will our country always be this divided? Are our civil rights once again at stake? Will the United States continue to alienate our closest allies? Will our president be convicted of a crime? So, we're about to hit the streets to ask New Yorkers when they think Emma Stone will join Instagram. Are you ready, Emma Stone?
ビリー:やあ皆さん、ビリーです!知っての通り、ここ最近は数多くの疑問が頭を離れませんよね。僕らの国は今後もずっと分断されたままなのか?僕らの市民権は今再び危機に瀕しているのか?アメリカ合衆国は友好同盟国を敵に回し続けるのか?僕らの大統領は有罪判決を受けてしまうのか?そこで僕らは通りに繰り出しニューヨーカーたちに訊いていこうと思います、エマ・ストーンはいつになったらインスタグラムを始めると思うかを。準備はできた?エマ・ストーン
Emma: I'm ready.
エマ:できた。
Billy: Let's go!
ビリー:さあ行こう!

(0:33~)
Billy: Miss, don't look now. It's Emma Stone.
ビリー:どうも、今こっち見ないで、エマ・ストーンがいるので。
Wow! Hi, Emma! It's so good to meet you!
わあ!ハイ、エマ!会えてすごく嬉しい!
Billy: Are you instantly charmed?
ビリー:一瞬にして魅了された?
Um, yes!
ええと…はい!
Billy: Okay. You seem a little hesitant there.
ビリー:オーケー、ちょっとためらいが見えたけど。
Um, you know, I just stepped out for bubble tea on my--
だってただバブルティー(タピオカミルクティー)求めて外に出ただけだったから…
Billy: Stepped out for some bubble tea! And then she met the bubble tea of humans, Emma Stone!
ビリー:バブルティー求めて外に出た!そしたら人間界のバブルティー、エマ・ストーンに出会ったってわけ!
I did, I did. I'm very lucky. Nice to meet you, Emma.
そう、そう。すごくラッキーね。初めまして、エマ。
Billy: What is bubble tea?
ビリー:バブルティーって何なの?
Um, it is deliciously sweet, refreshing summer drink.
えっと、美味しい甘みがあってスッキリする夏のドリンク。
Billy: What is it?
ビリー:何?
Emma: I love it so much. It's like tapioca balls in tea.
エマ:私もすごく好きなの。紅茶の中にタピオカが入ってるような。
Billy: Wow.
ビリー:わあ。
Emma: Yeah.
エマ:うん。
Refreshing.
スッキリする。
Billy: The whitest conversation that's ever happened on YouTube.
ビリー:YouTube上で交わされたものの中で最上級に白人的な会話でした。

(1:09~)
Billy: Sir, it's Emma Stone. She's not on Instagram.
ビリー:すみません、エマ・ストーンですよ。彼女インスタグラムやってないの。
Oh my God, it's Emma Stone?
わあ、すごい、彼女エマ・ストーン
Billy: Yeah. Yes, it's Emma Stone.
ビリー:そう。エマ・ストーンだよ。
Hi.
どうも。
Billy: Trying to get her to join Instagram.
ビリー:彼女をインスダグラムに登録させようと頑張ってるとこ。
Okay.
そうなんだ。
Billy: What's your favorite Emma Stone movie?
ビリー:あなたが一番好きなエマ・ストーンの映画は何?
Um, Harry Potter?
えっと、ハリー・ポッターかな?
Emma: Oh...
エマ:ああ…
Billy: That's Emma Watson!
ビリー:それ、エマ・ワトソン
[laughing] Sorry.
(笑)ごめんなさい。
Emma: That's okay.
エマ:いいの。
Billy: Why couldn't you be Emma Watson?
ビリー:なんで君はエマ・ワトソンじゃないんだ?

(1:30~)
Billy: Miss, it's Emma Stone.
ビリー:すみません、エマ・ストーンですよ。
I know!
ほんとにね!
Billy: Yes.
ビリー:ええ。
She's so much beautiful in person.
生で見るととっても綺麗。
Billy: Isn't she?
ビリー:でしょう?
Yeah!
ええ!
Billy: Do you like her work?
ビリー:彼女の作品好き?
Yeah, of course!
ええ、もちろん!
Billy: Which is your favorite Emma Stone movie?
ビリー:一番好きなエマ・ストーンの映画は何?
I'm gonna have to say La La Land.
ラ・ラ・ランド』って言わざるを得ないかな。
I'm gonna say that too. I'm moving to L.A.
私もそう。私L.A.に引っ越すの!
Billy: Oh, WOW!
ビリー:わあ、びっくり!

(1:45~)
Billy: I'm sorry, what do you want?
ビリー:ごめんなさい、何か用ですか?
May I add a comment on Emma in La La Land?
ラ・ラ・ランド』のエマについてコメントを付け加えてもいいですか?
Billy: Sure, what the f*ck else am I doing here today?
ビリー:もちろんどうぞ。今日の僕に他に一体何をしろって言うんだ?
So, the first time I saw La La Land--
それで、私が『ラ・ラ・ランド』を初めて観たときは…
Billy: How many times did you see it?
ビリー:何回見たんです?
I ended up seeing it five times.
最終的には5回見ることになった。
Billy: In the theater?
ビリー:映画館で?
Emma: Wow!
エマ:すごい!
Yes. No, no, in the theater, only three times.
そう。いや、違う、違う、映画館で観たのは、3回だけ。
Billy: Only three? Had things to do.
ビリー:たったの3回?他にやることがあったんだね。
The first time, I actually, started being bored.
初めて観たときは、実は途中で飽きてしまって。
Billy: Oh!
ビリー:わあ!
Then I walked out of it--
だから劇場を出て…
Billy: Uh huh?
ビリー:それで?
At the end. And I said this is no good.
最後に、「これは良い作品じゃないな」と言ったんだ。
Billy: Oh wow!
ビリー:何てこと!
And it'll never win The Academy Award.
アカデミー賞も取れないだろうね」とも。
Billy: Oh man. Well, you were right!
ビリー:なんだって。でも当たってた!
I happened, then I happened to see it again.
それでも、もう一度観ることになって。
Billy: Oh, what made you go a second time if you hated it?
ビリー:わあ、何で大嫌いな映画をもう一度観に行こうと思ったの?
A friend of mine hadn't seen it.
私の友達が観てなかったからね。
Billy: Oh, that's a good friend!
ビリー:わあ、いい友達!
Loved it. And then, I ended up seeing it four more times.
大好きになったよ。それで、最終的には更に4回観ることになったのさ。
Billy: FOUR MORE TIMES!
ビリー:更に4回も!
I think you and your co-star were absolutely brilliant.
あなたもあなたの共演者たちも紛れもなく異彩を放っていたと思う。
Billy: You know, she's not on Instagram.
ビリー:でもね、彼女インスタグラムやってないんですよ。
Well, it doesn't matter. She's a movie actress. That's what counts.
そんなのは大した問題じゃない。彼女は映画女優なんだ。それが肝心なことさ。
Billy: No, no, no! Brie Larson's on there! HOW MANY TIMES DID YOU HAVE TO SEE ROOM?!
ビリー:いや、いや、いや!ブリー・ラーソンだってやってるんですよ!『ルーム』を何回見なきゃいけなかったことになるんだ?!?!

(2:35~)
Billy: Miss, it's Emma Stone.
ビリー:すみません、エマ・ストーンですよ。
Hey, what's up?
わあ、どうも!
Billy: There she is! - How are you?
ビリー:本物がここに!どんな気分です?
Lovely to meet... I'm so sticky from working out.
会えて嬉し…運動してきたから体がとてもベタベタしてて。
Billy: Yeah.
ビリー:なるほど。
Kind of gross.
ちょっと気持ち悪いかも。
Billy: Works out? Wow!
ビリー:運動を?ワーオ! 
Well, you know, not bad for an old bag.
ええ、まあね。おばさんにしては悪くないでしょ。
Billy: You look great! And do you like Emma Stone's work?
ビリー:キマってますよ!エマ・ストーンの作品好きですか?
So much.
とってもね。
Billy: Would you like to see her try horror movies? Everyone's doing it.
ビリー:彼女がホラー映画に挑戦するところ見てみたいですか?流行りみたいですし。 
Mmm, not so much.
うーん、そうでもない。 
Billy: Why?
ビリー:なぜ? 
Because I think honestly, your intellect and your whole persona is a little bit above that.
だって正直、あなたの知性と演技はそういうものを上回ってると思うので。
Billy: OH!!! WELL, TELL THAT TO EMILY BLUNT!?!!
ビリー:ワア!!!ちょっとそれエミリー・ブラントに言える!?!?

(3:02~)
Billy: Miss, our democracy is crumbling. Want to say hello to Emma Stone?
ビリー:すみません、民主主義が崩壊しかけています。エマ・ストーンに挨拶したいですか?
Hi, sorry. I could shake your hand but--
どうも、ごめんなさい。握手できればいいんだけど…
Billy: It's okay. Not when they're covered with that marinara sauce.
ビリー:大丈夫ですよ。手にマリナラ・ソースが付いてないときにね。
Uh oh.
あーあ。 
Billy: Now, let me ask you this, wouldn't you like to see Emma Stone on Instagram?
ビリー:さて、訊かせてください。エマ・ストーンにインスタグラムをやって欲しくありませんか?
Sure.
そうね。
Billy: Wouldn't you like to see Emma Stone do a boomerang?
ビリー:エマ・ストーンが「ブーメラン」してるの見たくありません?
[laughs] I don't know what that is.
(笑)それがなんなのか分からない。
Billy: A boomerang is like if you do a movement-- You saw that? Like, a movement and then you can go watch it and it's just like. It's like that.
ビリー:ブーメランっていうのは、何か動作をした時に...見てた?何か動作をしたところが、こんな感じに動くのを見ることができるの。こんな感じにね。
I see. I understand.
なるほど。分かりました。
Billy: That was actually better than the dancing in La La Land, if I'm being honest.
ビリー:実際のとこ今の動き『ラ・ラ・ランド』のダンスよりも良かったよね、正直言うと。

(3:37~)
Billy: Miss, we'll be dead before Emma Stone makes a boomerang.
ビリー:すみません。エマ・ストーンがブーメランを作る前に僕らは死ぬんです。
Hey, girl!
ヘイ、ガール!
Billy: Emma Stone!
ビリー:エマ・ストーン
Yes.
ええ。
Billy: Listen to me now, imagine having the resources to make a boomerang and then choosing not to.
ビリー:集中して。ブーメランを作る資源を持ってるのに作らないことを選択する気持ちを想像してみて。
You don't have an Instagram?
インスタグラムやってないの?
Billy: Exactly!
ビリー:その通り!
Why not?
なんでよ?
Billy: Exactly!
ビリー:その通り!
How do you keep in touch with the latest thing?
一体どうやって最新の情報を手に入れるっていうの?
Billy: Exactly! How do you keep in touch with all the latest things?
ビリー:その通り!一体どうやって最新の情報を手に入れるっていうんだ?
Emma: I know!
エマ:そうなんだけど!
Billy: She's out of it! She's lost!
ビリー: 蚊帳の外にいるんだ!迷子なんだよ!
Why? Come on!
なんでなの?やろうよ! 
Billy: Tell her why she should join Instagram.
ビリー:なぜインスタグラムやるべきか教えてあげてよ。 
Because everything and everyone is on there.
何もかもがそこにあるし誰もがそこにいるから。
Billy: Exactly!
ビリー:その通り!
Even Will Smith just made an Instagram.
ウィル・スミスだってインスタグラム始めたんだよ!
Billy: EVEN WILL SMITH!! WHO ARE YOU TO DENY US?!
ビリー:ウィル・スミスさえも!!僕らを否定するなんてあんた何様?!

(4:09~)
Billy: Sir, are you gonna tell your friends that you met Emma Stone? 
ビリー:どうも、エマ・ストーンに会ったと友達に自慢します?
No.
いや。
Billy: Okay.
ビリー:そうですか。 

(4:13~)
Billy: Miss, we'll both be dead before Emma Stone make a boomerang.
ビリー:すみません。エマ・ストーンがブーメランを作る前に僕ら二人とも死ぬんですよ。 
Oh, I couldn't hear you.
ああ、聞こえなかった。
Billy: I said, we'll both be dead before Emma Stone makes a boomerang. She's not on Instagram.
ビリー:こう言ったんです、エマ・ストーンがブーメランを作る前に僕ら二人とも死ぬんだって。彼女インスタグラムやってないから。
You're not on Instagram?
インスタグラムやってないの?
Billy: Right.
ビリー:そう。
Why?
なんで?
Billy: Exactly!
ビリー:その通り!
It's a long story.
エマ:長い話になる。
You go make an Instagram.
インスタグラム始めなよ。
Billy: Yeah, you need to make an Instagram.
ビリー:そうだよ、インスタグラム始めなきゃ。
Emma: Well, for what, exactly?
エマ:でも、一体何のために?
So, show people where you are, obviously.
みんなにあなたがどこにいるのか伝えるために。もちろんね。
Billy: Exact-- Obviously!
ビリー:そのと…もちろんね!
Everybody likes that.
みんなそういうのが好きなの。 
Billy: What was that? Hold on!
ビリー:何だって?ちょっと待って!
Everybody likes that! Everybody wants to know where the artists are.
みんなそういうのが好きなんだって! アーティストがどこにいるのかみんな知りたがってる。
Billy: Right, we want to know where you are!
ビリー:そうだよ、僕らは君がどこにいるのか知りたいんだ!
Emma: Oh, thank you for calling us artists.
エマ:わあ、アーティストって呼んでくれてありがとう。
Billy: Right!
ビリー:だね!
You're also people as well.
それに人間でもある。
Billy: People and artists.
ビリー:人間で、アーティスト!
Emma: Oh my God, it's a double whammy!
エマ:すごい、ダブルパンチ!
Billy: Why else should she be on Instagram?
ビリー:他に彼女がインスタグラムやるべき理由は?
Obviously to know where you are and obviously for us to know where you are.
もちろんあなたがどこにいるか知るためと、もちろん私たちがあなたの居場所を知るため。
We need to know where you are!
ビリー:君がどこにいるか知る必要があるんだよ!
Emma: I, at all times?
エマ:え、どんな時でも?
Billy: Sometimes, I wake up in the middle of the night. I'm like, WHERE'S EMMA STONE?!
ビリー:時々僕は真夜中に目が覚めてはこう思うんだ、「エマ・ストーンは一体今どこ?!

(5:03~)
Billy: What was that?
ビリー:何ですって?
I'm such a big fan.
大ファンなんです。
Billy: Look, that's very nice and I appreciate that but we need to get Emma Stone on Instagram.
ビリー:それはすごく嬉しいし有り難いんですが、エマ・ストーンをインスタグラムに登録させなきゃいけないんです。
I completely agree.
完全に同意見。
Billy: What kind of roles would you like to see her do? Do you think Emma Stone should do horror movies next? Everyone else is doing it.
ビリー:彼女がどんな役をやるのを見てみたい?エマ・ストーンは次はホラー映画をやるべきだと思う?流行ってるみたいだし。
I think she should.
するべきだと思う。
Billy: Yeah.
ビリー:そっか。
I want to see that Emma Stone face in a horror movie.
エマ・ストーンの顔をホラー映画で見てみたい。
Billy: What would that be? What would that be?
ビリー:どんな感じになるかな?どんな感じになる?
Could you do it?
やって見せることできます?
Billy: You should do it. You have an Oscar.
ビリー:やるべきだよ。オスカー持ってるんでしょ。
Emma: Okay.
エマ:分かった。
Billy: What's your "I'm scared" face?
ビリー:君の「私怯えてる」顔はどんなの?
Emma: [gasps]
エマ:[息を飲む]
Billy: Keep going.
ビリー:続けて。
Emma: [gasps]
エマ:[息を飲む]
Billy: Keep going.
ビリー:続けて。
Emma: [gasps]
エマ:[息を飲む]
Billy: Keep going.
ビリー:続けて。
Billy: Keep going.
ビリー:続けて。
Billy: Keep going.
ビリー:続けて。
Billy: How was that?
ビリー:どうだった?
That was good.
良かった。
Billy: Okay, thanks.
ビリー:はい、どうも。


---

フルパックでしたね。ララランドを5回観た男性に対するビリーの絶え間ない反応("Well, you were right!")も、サングラスをかけた超ヒップで美しいお姉さんの「インスタグラムやってない人間なんているの?」と言いたげな視線も、「女優だって人間」と言う女性が同じ口で「あなたの居場所を知りたい」と言うちょっとしたホラー味も、エマ・ストーンによる発言で一番長いものがタピオカミルクティーについてだったのも、何もかもが面白くて最高でした。インスタグラムのあの無限ループ動画が「ブーメラン」って名前だということも知ることができました(ピッタリの名前ですね)。

あと、過去のビリーオンザストリートでも紙皿つきピザ食べながら道端歩いてる人いたけど、ニューヨーカーたちって道でも地下鉄でも割となんでも食べるよね。周りにいる人もそんなに気にしないし。私も道端でシュリンプカクテルを食べられるような人間的器を手に入れたいわ。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村