空が青くて涙が出るよ

ブログタイトルはビートルズのBecauseという曲からです。深い意味はありません。

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』かわいい&面白いインタビュー集

11/3についに公開されましたね、『IT』!

f:id:nicjaga:20171106193349j:plain

様々な記録を塗り替えたこの映画を、同じ時代に生きているにも関わらず映画館まで観に行かないのはもったいないと思うので、映画内の恐怖がちょっと和らぎそうなインタビュー動画を集めてみました。実際に和らぐかどうかは知りません。でもとにかく子供たちがかわいくて面白いので癒されます。

--------------

IT/イット』をこれから観に行く人へ、キャストの子供達からのメッセージ動画。
www.youtube.com

日本語訳一応置いておきますが信用しないでください。
(自己紹介後の0:10~)
ジェイデン:僕たち『IT』のルーザーズ(負け犬)クラブから、怖すぎて僕らの映画を観に行けないという人たちに大切なメッセージがあります。
ソフィア:それがどんな感じかわかってる。明かりが落ちて、あなたの指は友達の腕に食い込んでて、背中から首までの毛が逆立って、パニックになるの。
ジャック:君は席を離れるための口実を作るかも。
フィン:あああ、ウエストポーチを取りに行かなきゃ、必要なものが入ってるんだ。
ジャック:Guys, I'm getting my(何言ってるのか分かりませんでした...教えて賢い人...)I can't do this!
ジェレミー:聞いて、それでもいいんだ。
チョーズン:大丈夫。
ワイヤット:それで平気、心配しないで。
ジェレミー:その部屋を出て行けば、気味悪いマスクを被ったシリアルキラーを見ずにすむ。
フィン:歯に脳みそが挟まってるゾンビとか。
チョーズン:それにそう、子供を殺す殺人ピエロ。
ワイヤット:これは覚えておいて。
チョーズン:ある賢人がかつて言ったように、「本物の恐怖に立ち向かうために我々はホラーを生み出すんだ」
ジェレミー:スティーヴン・キングの言葉だよ、言うまでもなく。
フィン:もちろんね。
チョーズン:当然さ。
ジェイデン:ホラー映画はただ君たちを怖がらせるためだけにあるんじゃない。それらは自分の持つ恐怖に向き合うための安全な道具にもなる。だから部屋から駆け出て胎児みたいに丸くなって泣く前に、とどまってみることを考えてみて。
ソフィア:あなたを安心させる声のことを考えて、明かりをつけたり、特に張り詰めたシーンでは目を塞ぐのもいいかも。
フィン:既に映画を観た友達にジャンプするくらいびっくりするところを全部教えてもらおう。
ジャック:ねえフィン!びっくりするとこくるよ!
(ペニーワイズのターン)
フィン:準備できてたよ、ありがと、ジャック。
ジャック:(スーパーかわいい仕草)
チョーズン:ホラー映画は最高だよ。
ワイヤット:ホラー映画はスリリング。
ソフィア:張り詰めてて。
ジェイデン:感情的。
ジェレミー:引き付けられる。
フィン:笑える。
チョーズン:ひどすぎてすごく笑える。
ジャック:楽しい。
ジェレミー:ホラー映画を観れば観るほど怖さはどんどん薄れていくよ。
ソフィア:だから私たちの映画から始めてみて。
ジェイデン:僕たちの映画から。
フィン:僕たちの映画から。
(ペニーワイズのターン)
ジェイデン:うん、まあ、僕らの映画はかなり怖いけど。
ソフィア:ええ、『IT』を観ることができれば、なんでも観られる。
ジェレミー:観に行って、頼むよ。
チョーズン:真面目にさ、観に行って。
ワイヤット:観に行って!
ジャック:6回でも、7回でも。
ジェレミー:お願い?
フィン:観たいなら10回でも、百万回でも観なよ。
ジェレミー:僕...ちょっと必死なんだ。
ワイヤット:今...今だよ、家を出て!行って!
ジェレミー:僕から、君へのお願い。『IT』を観に行って。
ワイヤット:行って!

ワイヤット:...もう行った?出て。冗談抜きで。立って。観に行くんだ。

--------------

Rotten Tomatoesのインタビュー。かわいい。インタビュアーのお姉さんがうまいこと子供たちとコミュニケーションとっているのでとっても楽しいインタビューになってます。
www.youtube.com

特に好きだったところ。

(0:48~)Q. バカみたいだけど怖いものは?
ワイヤット:ホテルの長い廊下。
フィン:コヨーテ。
チョーズン:シャワー浴びてる時に水が目の中に入るのが怖い。その間に悪魔がきたりするかもって。
インタビュアー:私は濡れた芝を裸足で踏むのが怖いの。
フィン:確かにそれは気持ち悪いね、わかるよ。
ワイヤット:それに似てるので、雪の上を歩いた時の音ー滑らかな雪じゃなくて、ちょっと固まってるやつ。
フィン:僕それ大好き!
ワイヤット:僕大嫌い。

(1:38~)Q. 自分から見て左の人のキャラクターを次の映画(大人パート)で誰が演じるべき?
ワイヤット→フィン(リッチー役):ビル・ヘイダー
フィン→チョーズン(マイク役):ジョーダン・ピール
チョーズン→ワイヤット(スタンリー役):ジョセフ・ゴードン=レヴィット

(4:07~)Q. 鼻くそピザを食べるかペニーワイズの口にキスだったらどっちがマシ?
ワイヤット&フィン:ペニーワイズにキス。
チョーズン:ペニーワイズってちょっとかわいいよ。赤い口紅してて。
フィン:でも子供の口臭がするよ、いっぱい子供を食べてるんだから。
チョーズン:あーそっか、それは問題だね。
----------
(5:30~)Q. 自分から見て右の人のキャラクターを次の映画(大人パート)で誰が演じるべき?
ジェレミー→ジャック(エディー役):ジェイク・ジレンホー
ジャック→ジェイデン(ビル役):トビー・マグワイア
ジェイデン→ソフィア(べバリー役):エイミー・アダムスジェシカ・チャステイン
ソフィア→ジェレミー(ベン役):クリス・プラット

(6:44~)Q. 取り憑かれるか火に焼かれるかだったらどっちがマシ?
ジャック:火!火!火!取り憑かれたくないよ、取り憑かれたら自分に火をつけたくなっちゃう!

(7:03~)Q. 血を流すのと吐くのだったらどっちがマシ?
ジャック:吐く方...いや、血を流す方!だって僕吐くときすごい吐くからね!

(7:47~)Q. 鼻くそピザを食べるかペニーワイズの口にキスだったらどっちがマシ?
全員:ペニーワイズの口にキス。
インタビュアー:What?!?!
ジャック:(ペニーワイズ役の)ビル・スカルスガルドってゴージャスじゃん!
ジェイデン:そうだよ!本当に!


ジャック・ディラン・グレイザーくんめっちゃ面白い。

『IT』パート2のキャストは、作品内で成長して有名になるキャラクターは実際にも名の知れた俳優が演じて、それ以外のキャラクターはそんなに有名じゃないけど実力のある俳優を起用してほしいな...と個人的には思ってるんですけどどうなるんでしょうか。全員スター俳優だと作品の雰囲気に合わなそう...。でもここで挙がったようなメンバーで見たくないかといえばそりゃもう見たい...。

--------------

踊るピエロ、ペニーワイズを演じたゴージャスなビル・スカルスガルドのインタビュー。
www.youtube.com

(ビル・スカルスガルドにとっての撮影初日は、エディー役のジャック・ディラン・グレイザーとの非常に張り詰めたシーンだった。プロとして完成されている子役とそうじゃない子役がいるから不安だったけど、初日だから役に入り込む必要があってジャックの前で全力で恐怖のピエロを演じたみたいな話から)
(3:47~)
ビル:ペニーワイズって子供を嫌ってるところがあるから...

ジミー:ほとんどのピエロがそうだよ。
ビル:(笑)それで僕は彼に向かって叫びながら近づいていって彼は泣きながら息を詰まらせてて、演技をしながら僕は頭の隅で「どうしよう、子供にトラウマを与えてるぞ、何してるんだ」って考えてて、カットの声が聞こえた後に「ジャック、大丈夫?」って言ったら彼は「あなたのキャラクターの演技最高だよ!(I love what you're doing with the character!)」って言ってきて。だから僕は「ありがとう、ジャック」って。
ジミー:撮影が終わった後もジャックと連絡を取り合う予定なの?
ビル:いつか彼が僕を雇ってくれることを願ってるよ。

ジャックくんほんと面白い。

--------------

もう一つ。何のホラー映画かを当てるジェスチャーゲーム。
www.youtube.com

最初に指で教えてるのは単語数(words)と音節数(syllables)。たまに音節数間違えてるけどそれもかわいらしい。"Here's THE SHINING!"とエイリアンのジェスチャーがめっちゃ好きです。

--------------

『IT/イット』上映館