空が青くて涙が出るよ

ブログタイトルはビートルズのBecauseという曲からです。深い意味はありません。

#Ham4All チャレンジ

ミュージカル「ハミルトン」の生みの親であるリン=マヌエル・ミランダがまたとんでもなく面白い活動を始めています。その名も#Ham4Allチャレンジ。

リン=マヌエル・ミランダ本人による紹介動画。

簡単にいうと、寄付をしてハミルトンLAオープニングのVIPチケットを当てよう!そしてハミルトンの曲を歌った動画をシェアすることで他の人にも寄付を呼びかけよう!というもの。寄付先は"Immigrants: We Get the Job Done"連合で、これは移民や難民、亡命者たちを支援する12の団体からできています。

寄付は10ドル(ハミルトンが描かれている紙幣)からすることができ、さらに多く寄付すると当選確率が上がると共にオリジナルのグッズがもらえたりします。65ドルの寄付でもらえる帽子に惹かれましたが今65ドルをぱっと出せる状況じゃないので私は10ドルだけ寄付させていただきました。お金を払わずに応募する方法もいくつか用意されているみたいですよ。

そして当選したら手に入るものは、①ロサンゼルスでの「ハミルトン」オープニング公演のVIPチケット2枚、②スターがたくさん出席するアフターパーティーのチケット2枚、③リン=マヌエル・ミランダと会ってお話&一緒に写真を撮る権利、④往復航空券+ホテル宿泊券2人分、です。これ以上ない最高の賞品ですね。当選確率は恐ろしく低いだろうけど...

公式ルールをざっと読んでみたんですが、年齢の制限はあるものの(応募は13才から受け付ける。当選者が同行者の親か法的後見人でない限り、同行者は法律上の居住地で成年に達している必要があるetc.)応募者も当選者もアメリカ在住の人に限定しているわけではないみたいです。詳しく読んだわけではないので興味がある人は私の言葉なんか信じずここをじっくり読んでください。

ニューヨークでのリンの最後の出演回や、シカゴでのオープニング、サンフランシスコでのオープニングの際にも寄付を募って当選者を招待するという活動はやっていましたが、「歌をシェアする」部分は今回が初。そしてこの部分がもう楽しくてしょうがない。既に大勢がハミルトンの劇中曲を歌った動画をシェアして寄付を呼びかけると共に、次に挑戦する人を指名することでこの活動を広げていて、それを見ているだけですごく元気になれます。(動画をシェアすることで応募が完了するわけではなく、歌部分はあくまでも任意。寄付をした時点で応募は完了しています。)

リン=マヌエル・ミランダが個人的に指名したのはロンドンを含めた全4つのハミルトンカンパニーとオリジナルキャストたち。そしてハミルトンのキャストは「自分のパートは歌えない」というひとひねり付き。いいぞ...いいぞ...

公開されている動画の一部を紹介します。

現ニューヨークキャストたち。左からJevon McFerrin(ハミルトンなどのstandby)、James Monroe Iglehart(ラファイエット/ジェファーソン)、Nik Walker(アンサンブル、アーロン・バーなどのunderstudy)。曲は"You'll Be Back"。アレンジが素敵。3人中2人がスターウォーズTシャツを着てるのはなんなんだろう...。

※ standbyは普段はショーに出ていなくて、出演者が出られなくなった時に真っ先に代役として呼ばれる人。understudyは普段はアンサンブルとしてショーに出ていて、standbyが代われない時に代わる人。らしいです。

ミュージカル"Come From Away"キャスト。曲は"The Schuyler Sisters"。
"in the greatest city in the world!"の後に「ガンダー!」って言ったりタラを抱えてたり"スカイラー"シスターズを"Me and The Sky-ler"シスターズにしてたりとCome From Awayに寄せてきてるのがまず最高だし、"use"で2回噛んだ上にハッシュタグを言い間違えて撃沈するケンドラさんプライスレス。

www.youtube.com使用曲(多分合ってるはず)
"Dear Theodosia" (Hamilton)→"Falling Slowly" (Once)→"Despacito" (Luis Fonsi ft. Daddy Yankee)→"I Dreamed A Dream" (Les Misérables)→"Without You" (Rent)→"Satisfied" (Hamilton)→"That Would Be Enough" (Hamilton)→"Miracle" (Matilda)→"Mama Who Bore Me" (Spring Awakening)→"When I Grow Up" (Matilda)→"Despacito"→"I'm Here" (Color Purple)→"And I Am Telling You I'm Not Going" (Dreamgirls)→"Get Out and Stay Out" (9 to 5)→"Yorktown (The World Turned Upside Down)" (Hamilton)→"Blackout" (In the Heights)→"City on Fire" (Sweeney Todd)→"Burn" (Hamilton)→"Despacito"→"The Story Of Tonight" (Hamilton)

ロンドン版「イン・ザ・ハイツ」でニーナを演じたガブリエラ・ガルシアさんによるマッシュアップ。曲から曲への移り変わりがすごくスムーズで上手くて楽しいです。"The fact that you're alive is a miracle / My mummy says I'm a miracle / Mama who bore me"(2:02~)の流れとか"Look at the fireworks, look at the fireworks / City on fire, city on fire / I hope that you burn"(3:23~)の流れとか最高。

イギリス国王ジョージ3世のオリジナルキャストであるジョナサン・グロフ(Groffsauce)もリンのツイッターアカウントから参加。曲は"Satisfied"。楽しそうすぎる。
"Satisfied"に出てくる歌詞をもじりながら「その屋上にいたかった!愛は本物ね!」と興奮気味に引用リツイートしたレネー・エリース・ゴールズベリー(アンジェリカのオリジナルキャスト)も最高だし、そのツイートについていた"The roof where it happens?"っていうリプライも最高でした。

同じくジョージ3世を演じたタラン・キラム。曲は"Wait For It"。正しい歌詞で歌う気が全くありません。彼のいるサタデー・ナイト・ライブが恋しい。

ジョナサン・グロフからの挑戦を受けたリア・ミシェル。 曲は"Dear Theodosia"。こんなカジュアルにこれだけ歌えるのすごい。

Deaf West版Spring Awakeningで「モーリッツの声」を演じたアレックス・ボニエロ。曲はリア・ミシェルと同じ"Dear Theodosia"ですが、また違った魅力があります。

(Deaf West版のSpring Awakeningを知らない方は今すぐググって動画を見てください。言葉が感情に追いつかなくなるくらい凄すぎるので。)

--------------

ミュージカル関係者ではない人たちもたくさん参加しています。 

映画「ナイト・ミュージアム」などに出演している俳優ベン・スティラーは娘さんと一緒に。曲は"Non-Stop"。

ドラマ「デスパレートな妻たち」でガブリエルを演じたエヴァ・ロンゴリア。素敵。曲は"Alexander Hamilton"。

コメディ系の歌を作って歌う二人組(たぶん)Paul and Stormのポールさん。めちゃくちゃ笑いました。好き。曲は"Washington On Your Side"。

リン=マヌエル・ミランダと一緒にハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム入りが発表された"Weird Al"ことアル・ヤンコビックも。曲は"What'd I Miss"。

ドラマ「パークス・アンド・レクリエーション」などに出演している俳優ベン・シュワルツ。 完璧に用意してきた感がすごい。思わず拍手したくなります。曲は"Alexander Hamilton"で、間に挟んでいるのが「イン・ザ・ハイツ」の"In the Heights"。

映画「The Beguiled」のキャストやスタッフたち。子役が中心となっていてとっても楽しい。ニコール・キッドマンコリン・ファレルソフィア・コッポラ監督もいるよ。曲は"The Schuyler Sisters"。

ハーレム・グローブトロッターズというバスケットボールチームのZues McClurkin選手...だと思います...たぶん...間違ってたら本当にごめんなさい。曲は"My Shot"。ぴったりの選曲。カッコイイ。

--------------

すぐ歌詞が覚えられて歌いやすくて心に響く"Dear Theodosia"の人気が高い気はしますが、それ以外はほとんど曲が被ってないのがすごい。アルバムに46曲も収録されているだけありますね。 
これを書いている間にも次々動画が上げられているのでパート2をそのうちやりたいです、自分のために。

ハミルトンCD。

Obc: Hamilton

Obc: Hamilton

 

寄付はこちらから。7月末までです。
Win Opening Night at Hamilton L.A. as the Guest of Lin-Manuel Miranda