空が青くて涙が出るよ

ブログタイトルはビートルズのBecauseという曲からです。深い意味はありません。

"Warrior Face" - モアナと伝説の海

サンキュー、リン=マヌエル・ミランダ。

f:id:nicjaga:20170313020916j:plain

映画観るまでモアナのアルバム聴くの我慢してて良かった。映像と合わせて圧倒されました。

今アップルミュージックの無料体験中なので映画観てからアルバムダウンロードしてずっと聴いてます。アップルミュージックだと輸入盤ではなく日本版のアルバムしかないので曲名もアーティスト名もほぼカタカナかひらがな・漢字表記になってて新鮮でした。それ自体は当たり前だし全然気にならないんですけど、一つだけモヤモヤしてることがあって、これは私が気になるだけで些細なことといえば些細なことかもしれないんですけど、Lin-Manuel Mirandaってプエルトリコ系だからカタカナで書くとしたらリン=マニュエル・ミランダじゃなくてスペイン語風にリン=マヌエル・ミランダなんじゃないかなってことです。マニュエル読みだと「白人」っぽすぎるというか...。多分一番近いのはマヌウェルとかマンウェルなのかなって思うんですけど、まあ結局のところ「Lin-Manuel Miranda」と書いて「神」と読むのでなんでもいいですね。

映画に使われた歌曲、一つ残らず好きです。本編からカットされた曲もあることを知ってそれらも聴きました。最高でした。"We Know the Way"の話をしたいなと思ってましたが、カットされた曲の一つ"Warrior face"を聴いた後のワクワク感がおさまらないので"Warrior face"の話します。

こちらが"Warrior Face"のデモテープ。音声のみ。リンが全パート歌ってます。
www.youtube.com

こちら短いですがストーリーボード付き。DVD/BDには一曲丸々ストーリーボード付きで入ってるみたいです。動画冒頭で、先ほどから何度も名前を出している、ミュージカル「ハミルトン」の生みの親でありタイトルロールのハミルトンを演じたリン=マヌエル・ミランダがこの曲の紹介をしています。マウイの声を当てているのは同じく「ハミルトン」でジョージ・ワシントン初代大統領を演じたクリストファー・ジャクソンで、モアナの声を当てているのはハミルトンの妻イライザ・スカイラーを演じたフィリッパ・スーです。 こんなんハミルトンじゃん...。
www.youtube.com

歌詞と和訳

[MAUI]
We've got a job to do
やるべきことがある
We need to survive
生き延びなければ
So you're afraid, good-
怖いのか、それは良い
That means you're alive
生きてるって証拠だからな

No matter what we face
何と対峙しても
We run the show
主導権を握るのは俺たちだ
It's time to use your face
お前の顔を使う時だ
To let 'em know
奴らに分からせろ

Now take your fear, pain, joy, rage
さあ恐怖に苦痛、喜び、怒りを
Mix 'em up together into something that the world still hasn't seen
混ぜ合わせて世界がまだ見ぬものに変えるんだ

[MOANA]
What do you mean?
どういう意味? 

[MAUI]
Warrior face
戦士の顔だ
Show 'em you mean business
本気だって見せてやれ
With your warrior face
お前の戦士の顔でな
Put 'em all in line
奴らを抑圧するんだ
When you face challenges and dangers
困難や危険に直面した時は
You fix your face to face the world
世界に対峙する顔を作れ
Prepare your face to face the world
世界に立ち向かうための顔を用意しろ

[MOANA]       [MAUI]
Wah!
ワァ!                Lower
                          もっと低く
Wah!
ワァ!               Stronger
                          もっと力強く
Ha!
はっ!              
Come on, Moana
                          おいおい、モアナ
HA!
ハッ!               Better
                     マシだな

[MAUI]
Now make a face that puts the bad guys in their place
さあ悪い奴らを元いた場所に帰す顔を作るんだ
'Til they regret the decisions they made that day
奴らにその日の決断を後悔させるまで
That led to standing in your way
お前の通り道を塞ぐことになったんだからな
Hey 

Warrior face
戦士の顔
Teach 'em there's no foolin'
遊びじゃないんだって教えてやれ
With your warrior face
お前の戦士の顔でな
Show 'em what's in store
何が待ち構えてるか見せてやるんだ
Warrior face
戦士の顔
Knock 'em back and school 'em
驚かせて教えてやれ
With the face of a warrior
その戦士の顔で
You have the face of a warrior
戦士の顔を持ってるだろ
It doesn't matter how you feel inside
心でどう感じてるかは関係ない
Don't reveal inside
内の思いを見せるなよ
You keep it real inside
自分の心は見失うな
You make a face that makes 'em terrified
奴らを怯えさせる顔を作るんだ
You make 'em scared inside
心から怖がらせろ
Your teeth are bared, alright
歯をむき出しにして、そうだ

[MAUI]
We're getting out of here alive
生きてここから出るんだ
[MOANA]
We're getting out of here alive
生きてここから出る
[MAUI]
You're gonna help us to survive
生き残るためにお前が手を貸せ
[MOANA]
You're gonna help us to survive
生き残るために手を貸して

[MAUI/MOANA]
We're getting out of here alive
生きてここから出るんだ
You're gonna help us to survive
生き残るために手を貸せ/貸して
With your -
お前の/あなたのー

[MAUI]
Warrior face!
戦士の顔で!
'Til it's second nature
体が覚え込むまで
Make your warrior face
戦士の顔を作り
Sing your warrior song
戦士の歌を歌え
Oh that warrior face
その戦士の顔で
Time to demonstrate you've been a warrior all along
初めからずっと戦士だったって示す時だ
You've been a warrior all along
お前はずっと戦士だった

--------------

二個目の動画初めにリンが説明している通り、この曲はモアナとマウイがタマトア(蟹)から釣り針を取り返しにモンスターの住処である海底へ潜った際に歌われる予定だったものです。怖がるモアナにマウイが、「心ではどう感じていてもいい。"戦士の顔"を作って相手を怖がらせるんだ。生き残るために。」というように海底のモンスターたちと対峙する方法を教えます。

音楽もいいし歌の内容もいいのに使われなかったのがもったいない。監督二人へのインタビューによると、ストーリーを形成していく上で、これだと「モアナとマウイが絆を深めるのがあまりにも早すぎる」ということになってカットされたらしいです。

この"Warrior Face"はニュージーランドマオリ族の民族舞踊「ハカ(HAKA)」からアイデアを得たそうです。「ハカ」は、元々は戦いの前に戦士たちが力を見せつけ相手を威嚇するために行っていたダンスで、現在は結婚式やお葬式など、様々な場面で使われる伝統舞踊になっています。ニュージーランドラグビーチーム、オールブラックスが試合前に踊る踊りもハカです。

ニュージーランドのある結婚式で披露されたハカ。圧倒的。
www.youtube.com


カットされた"More"と"More (Reprise)"という曲も本当に素晴らしかったです(リンク先に英語歌詞と音源があります。画面上部の再生ボタンを押してください)。映画館でバカほど泣いたのにデモテープでも泣かされるなんて思ってもいませんでしたよ、私は。