空が青くて涙が出るよ

映画やミュージカルやテレビドラマの話などをします。

リース・ウィザースプーンなケイト・マッキノン、ビリーとNYを駆ける

ケイト・マッキノンは現代の宝。

f:id:nicjaga:20191107214141j:plain

めちゃめちゃ遅くなってしまったけどビリーオンザストリートの最新回が更新されていました。遅くなりすぎて最新回ではなくなってしまいましたがエピソードの面白さは変わりません。

『ビリー・オン・ザ・ストリート』の紹介記事と第一回目のエマ・ストーン回と第二回目のティファニー・ハディッシュ回と第三回目のリン=マヌエル・ミランダ回と第四回目のジョナス・ブラザーズ回も良かったらどうぞ)

今回のゲストはコメディアンで俳優のケイト・マッキノン(Kate McKinnon)です。彼女は『サタデー・ナイト・ライブ(Saturday Night Live, SNLとも)』に2012年から出演していて、その溢れ出る才能を現在に至るまで惜しみなく発揮し人気を集めています。番組初のオープンリーレズビアンの演者でもあります。彼女の演技は全て最高です。以下にこれまでの彼女の演技経歴をほんの少しだけまとめておきますね(リンク先はYouTube)。

これはジャスティン・ビーバーになったケイト・マッキノン
f:id:nicjaga:20190817023518p:plain

これはルース・ベイダー・ギンズバーグ最高裁判事になったケイト・マッキノン
f:id:nicjaga:20190817023820j:plain

これはペニーワイズ風のケリーアンコンウェイ大統領顧問、ケリーワイズになったケイト・マッキノン
f:id:nicjaga:20190817030838p:plain

そしてこれはヒラリー・クリントンになったケイト・マッキノン。2016年の大統領選期間中は特に大活躍でした。
f:id:nicjaga:20190831024020j:plain

他にもエレン・デジェネレスやドイツのアンゲラ・メルケル首相、エリザベス・ウォーレン上院議員など様々な役を見事に演じ視聴者を魅了し続けているケイト・マッキノン。今回ビリーは彼女をリース・ウィザースプーンとして紹介し、ケイト・マッキノンは(リースが着てそうなかわいらしいサンドレスを着て微妙に口調を変えたりしてはいるもののほぼ普段と変わらない姿で)リース・ウィザースプーンとしてニューヨークの街の人々と交流していきます。

www.youtube.com

(0:00〜)
Billy: Hey, guys, it's Billy. And I am out here today and it's one of the biggest days we've ever had on Billy on the Street because joining us for the first time is one of my favorite actresses and yours. From Legally Blonde to Big Little Lies to one of my personal favorites, Election, please welcome to Billy on the Street for the first time, Academy Award winner, Reese Witherspoon! How are you, Reese?

ビリー:やあみんな、ビリーです。そして今日は『ビリー・オン・ザ・ストリート』史上最大級の重要な日です。なぜなら今日初めて番組に参加してくれているのは僕もあなたも大好きな女優だから。『キューティ・ブロンド』から『ビッグ・リトル・ライズ』から僕の個人的なお気に入り映画『ハイスクール白書』より、お迎えするのは『ビリー・オン・ザ・ストリート』初出演でアカデミー賞受賞者、リース・ウィザースプーンです!調子はどう?リース。
Kate: I'm good, how are you?
ケイト:上々。あなたは?
Billy: Thank you so much for being here.
ビリー:ここに来てくれて感謝してる。
Kate: This is exciting. I've never done a man on the street segment before.
ケイト:ワクワクしてる。街頭インタビューみたいなのってやったことないから。
Billy: Yes, well, it's a unique challenge, but, you know, you did Big Little Lies. I think you can handle Billy on the Street.
ビリー:うん、まあ、変わった仕事ではあるけど、『ビッグ・リトル・ライズ』ができたんだから『ビリー・オン・ザ・ストリート』にも対応できるでしょ。
Kate: I hope so. 
ケイト:だといいけど(笑)
Billy: Well, I am so honored to have you here, truly. You're one of my favorite actresses. I know everyone feels that way. Thank you for being here.
ビリー:とにかく、あなたをお迎えできてとても光栄に思ってます、心から。大好きな女優の一人だから。誰もがそう思ってるに違いないよ。来てくれてありがとう。
Kate: Oh, well thank you so much for having me, this is really exciting.
ケイト:あらまあ、呼んでくれてどうもありがとう。ワクワクするわね。
Billy: Yes [laughs], I am so excited you're here. Okay, guys, now we're about to hit the streets to see just how excited New Yorkers are to meet one of Hollywood's most beloved stars. Are you ready, Reese Witherspoon?
ビリー:うん(笑)僕もあなたを迎えられてすごくワクワクしてる。よし、それじゃあ、これから街に繰り出して、ハリウッドの最も愛されているスターの一人に出会えたニューヨーカーたちがどれだけ喜ぶかを確かめよう。準備はいい?リース・ウィザースプーン
Kate: Uh, yes.
ケイト:えっと...うん。
Billy: Let's do it!
ビリー:さあやるぞ!

(1:04〜)
Billy: Miss, any questions for Reese about her fruitful partnership with Apple?
ビリー:すみません、アップル社との実りのある契約のことでリースに何か質問はありますか?
: How are you?
:元気〜?
Billy: Isn't it amazing?
ビリー:すごいと思いません?
: Yes, it is amazing.
:ええ、本当にすごい。
Billy: Yes.
ビリー:でしょう。
: You guys are awesome. I love you guys.
:あなたたち最高。あなたたち大好き。
Billy: Did you see Big Little Lies?
ビリー:『ビッグ・リトル・ライズ』観ました?
: I didn't, no.
:いいえ、観てない。
Billy: Oh, really?
ビリー:え、そうなの?
: I don't go out much.
:あんまり出かけないから。
Billy: And then, what about Legally Blonde?
ビリー:それじゃあ『キューティ・ブロンド』は?
: I have seen that.
:それは観た。
Billy: Yes, and you know, she's making a third one!
ビリー:よし。それでね、彼女三作目を作ってるんですよ!
: Really?
:ほんとに?
Billy: Yes.
ビリー:ええ。
: You're awesome.
:あなたって最高ね。
Billy: Yes!
ビリー:ええ!
: I saw you guys inside of Pret and I was texting my whole family.
:Pretにいたときあなたたちに気づいて家族全員にテキストメッセージ送ったの。
Billy: Oh, wow, what a great story. Maybe you can adapt that for HBO. (laughs) A 10 part. What was that?
ビリー:わあ、すごい、なんて良い話なんだ。HBOでドラマ化できるかもね(笑)十話構成で。何ですって?
: Are you hot?
:暑くない?
Billy: I'm very hot, it's hot out here.
ビリー:すごく暑い。今日暑いよ。
: Hotter and... It's more than I've ever sweat in my life.
:暑すぎて今までの人生でかいたことないほどの汗かいてる。
Billy: I know, me too. Well not as much as you would sweat acting opposite Meryl Streep in Big Little Lies season two.
ビリー:ですよね、僕も。まあ、『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン2でメリル・ストリープ相手に演技するときの汗に比べたら大したことないだろうけど。
: You guys are so awesome.
:あなたたちって本当に最高ね。
Billy: Any advice that you want from Reese today? We're giving out life tips.
ビリー:リースから今日もらいたいアドバイスとかあります?人生の秘訣を伝授してるんです。
: Ah, Let's see.
:えーと、なんだろ。
Billy: Anything at all.
ビリー:何だっていいですよ。
: What's the meaning of life?
:人生の意味って何?
Billy: What's the meaning of life according to Reese Witherspoon?
ビリー:リース・ウィザースプーンの考える人生の意味とは?
Kate: It is tough to tell in this heat, y'all. I am just so, I don't know. I think be yourself and just love who you love, I guess. Love who you love.
ケイト:この暑さの中伝えるの、難しいけど。もうほんとうに、なんだろうな。自分らしくいることと、自分の好きな人を愛し続けることかな。
Billy: Love who you love.
ビリー:好きな人を愛し続ける。
: You're amazing.
:あなたって最高ね。
Billy: Right?
ビリー:でしょ?
: Thank you.
:ありがとう。
Billy: All right, thank you so much.
ビリー:はい、ありがとうございました。
: Good to see you guys.
:あなたたちに会えてよかった。
Billy: All right, you're gonna go home, you're gonna go in and watch Big Little Lies?
ビリー:ええ。家に帰ったら『ビッグ・リトル・ライズ』を観ます?
: Oh, I'm gonna go in and teach some violin lessons.
:ああ、帰ったらバイオリンのレッスンをしなくちゃいけないの。
Billy: Oh wow!
ビリー:わあ、そう!
: Yeah, I'm a violinist.
:そう、私バイオリニストだから。
Billy: Okay, well, well, well, she learned to play the guitar for Walk the Line and she won an Oscar.
ビリー:なるほどね。えっと、えっと、それなら、彼女は『ウォーク・ザ・ライン』でギターを習得してオスカーを取りましたよ。
: We should play a duo and then make an album.
:二人で二重奏してアルバム作りましょ。
Billy: Absolutely not!
ビリー:もちろん、ムリ!

(2:17〜)
Billy: Miss, would you say that Laura Dern has big dick energy?
ビリー:どうも。ローラ・ダーンはビッグ・ディック・エナジー*を持ってると思います?

*ビッグ・ディック・エナジー(big dick energy, BDEとも):(他と比較する必要のないほど大きなペニスを持っているため)自分に劣等感を感じていない人が振り撒く、自信に満ちたオーラ・態度のこと…だと思います、ざっくり言うと。「有害な男らしさ(toxic masculinity)」とは違い基本的にはポジティブな意味で使われる言葉で、使われる対象は男女を問いません。

: Big dick energy?
:ビッグ・ディック・エナジー
Billy: Yeah.
ビリー:ええ。
: Of course.
:もちろん思う。
Billy: Yeah, she does. What do you say, you've worked with her?
ビリー:ええ、その通り。君はどう思う?彼女と一緒に働いたよね?
Kate: The hugest.
ケイト:最大級にデカい。
Billy: Right.
ビリー:なるほど。
Kate: Dick I've ever seen.
:私が見た中では一番だね(笑)
Billy: Oh, wow!
:わあ、すごいな!
Kate: I have to say.
ケイト:そう言うしかない。
Billy: Did you guys have fun?
ビリー:撮影現場は楽しかった?
Kate: Oh my God, we have the best time.
ケイト:ああそれはもう、最高の時を過ごした。
Billy: Yeah, 'cause the show itself Big Little Lies is very heavy.
ビリー:うん、『ビッグ・リトル・ライズ』って、番組自体はすごく重いんだよね。
Kate: Mhmm.
ケイト:そう。
Billy: But do you keep it light on set?
ビリー:でもセットでは明るくいられた?
Kate: We were laughing, I hate to say this, we were laughing the entire time.
ケイト:笑いが絶えなかった。言いたくないけど、作ってる間ずっと笑ってた。
Billy: Wow.
ビリー:わあ。
Kate: Truly.
ケイト:本当の話。
Billy: Amazing.
ビリー:素晴らしいね。
Kate: We did pranks.
ケイト:いたずらもしたし。
Billy: Pranks? Jokes and like?
ビリー:いたずら?からかったりとか?
Kate: Yeah, Laura Dern does the best pranks.
ケイト:そう。ローラ・ダーンが一番うまかった。
Billy: Oh, wow!
ビリー:へえ、そうなんだ!
Kate: Mhmm.
ケイト:そう。
Billy: What's one of the pranks?
ビリー:例えばどんないたずら?
Kate: Um, she did dump a bucket of water on my head.
ケイト:えっと、バケツにためた水を私の頭の上からぶちまけたり。
Billy: Oh wow! She just came and dumped a bucket of water on your head?
ビリー:うわあ!こっちにやってきたぞと思ったら頭からバケツの水かけてったの?
Kate: She, yeah, she did.
ケイト:そう、やられた。
Billy: And she's like six feet tall and it's like Niagara Falls.
ビリー:彼女6フィート(約183cm)とかあるからナイアガラの滝みたいでしょ。
Kate: Yeah, and my hair and makeup was done and everything and I was like, Laura, come on.
ケイト:うん。ヘアもメイクも全部準備万端だったところでやられたから、私はもう「ローラ、勘弁してよ」って感じで。
Billy: We're working here.
ビリー:仕事しに来てるんだけど、ってね。
Kate: It was really funny.
ケイト:あれはほんとに面白かった。
Billy: Anyway.
ビリー:[通行人に]そんな感じ。
: Yeah...
:うん…
Billy: Okay, bye-bye.
ビリー:オッケー、バイバイ。

(3:06〜)
Billy: Sir, take five seconds out of our day and imagine lighting up the small screen.
ビリー:すみません。一日のうちから五秒間を抽出して小さな画面に明かりを灯すところを想像してみてください。
: How so?
:なぜです?
Billy: It's exciting, isn't it? Reese Witherspoon does it.
ビリー:ワクワクしません?リース・ウィザースプーンはそうするんです。
: Reese Witherspoon?
リース・ウィザースプーンだって?
Billy: Yes.
ビリー:ええ。
: Reese, how are you?
:リース、ご機嫌いかが?
Billy: Yes.
ビリー:ええ。
: You and I have Mary Kay and Nancy Meyers in common. We were at Nancy Meyers' daughter's film.
:あなたと私にはメアリー・ケイとナンシー・マイヤーズという共通の知人がいるんです。私たちはナンシー・マイヤーズの娘さんの映画で会ってる。
Billy: Nancy Meyers, the director!
ビリー:ナンシー・マイヤーズだって、監督の!
: Remember, we had a long conversation.
:覚えてます?私たち長いこと会話をした。
Kate: Yeah, oh my gosh, I remember you, hi!
ケイト:ええ、わあすごい、覚えてますとも、どうも!
: Yeah, Sheila's husband.
:ええ、シーラの夫です。
Kate: Hi!
ケイト:どうも!
Billy: Oh my God, yes! Nancy Meyers' daughter directed Home Again with Reese!
ビリー:うわすごい、そう!ナンシー・マイヤーズの娘さんは『ホーム・アゲイン』を撮った、リースと!
: Exactly.
:その通り。
Kate: I made it.
ケイト:やり切った。
And I'm very close with Nancy obviously.
:そして私はナンシーとはとても親しい仲なんです。ご覧の通り。
Billy: Oh my God! Do you like Home Again?
ビリー:すごい!『ホーム・アゲイン』は好き?
: Loved Home Again.
:『ホーム・アゲイン』大好きです。
Billy: It was nice to see a rom com, wasn't it?
ビリー:ロマコメを見られたのは良かったですよね。
: Exactly.
:その通り。
Billy: A good old fashioned romantic comedy.
ビリー:古き良きロマンティック・コメディ。
: She is spectacular.
:彼女は卓越してた。
Billy: Well, she's one of America's great stars.
ビリー:まあ、彼女はアメリカの偉大なスターの一人ですからね。
: Isn't that hilarious? So we live in the Chelsea Hotel.
:笑っちゃいますよね。それで私たちはチェルシー・ホテルに住んでいるんです。
Billy: Oh my God!
ビリー:何だって!
Kate: Oh my gosh.
ケイト:何てこと。
: It's a family reunion.
:家族が集まってきてる。
Billy: Isn't that incredible?
ビリー:それって驚きじゃない?
Kate: Wow.
ケイト:すごい。
: So come to dinner, my love.
:だからぜひ夕食においでなさい。
Billy: Oh, that would be lovely.
ビリー:わあ、それ素敵だね。
: Next time you're in town.
:また今度街に来た時に。
Billy: Oh wonderful.
ビリー:わあ、いいね。
I can't believe I'm getting an invitation to the Chelsea hotel.
ケイト:信じられない、チェルシー・ホテルに招待されてるなんて。
: We live in––
:私たちが住んでいるのは––
Billy: Oh wow.
ビリー:へえすごい。
: Bill Charles James––
:ビル・チャールズ・ジェームズ––
Billy: Oh wow.
ビリー:へえすごい。
: Designer who was––
:デザイナーの––
Billy: Oh how wonderful, oh wonderful.
ビリー:へえなんて素敵なんだろう。うん素敵ですね。

(4:13〜)
Billy: Sir, would you vote for Reese Witherspoon? What was that?
ビリー:すみません、リース・ウィザースプーンに票を入れます?何ですって?
: I would vote for you. I would tell my Senators to vote for you, please!
:あなたになら投票するよ。自分のとこの上院議員にもそうするよう言うだろうね。頼むよ!
Billy: For Reese Witherspoon?
ビリー:リース・ウィザースプーンに入れる?
: We need somebody with a brain!
:我々には必要なんだ、脳みそのある人が!
Billy: Put Reese Witherspoon in there! In Legally Blonde, she went to Harvard, right?
ビリー:リース・ウィザースプーンをそこに据えろってね!『キューティー・ブロンド』では彼女ハーバードへ行ったんだから!でしょ?
: I know, I know, I would vote for her. Not these people we have there now.
:そう、そうなんだよ、彼女になら投票するね。今あそこにいる人たちじゃなくて。
Billy: That's right, kick Ruth Bader Ginsburg outta there!
ビリー:その通り!ルース・ベイダー・ギンズバーグをそこから追い出せ!
: No, no, no!
:いや、そうじゃない、違うよ!
Billy: NO, YOU KICK HER! NO, I WANT REESE WITHERSPOON IN THERE!!!
ビリー:そうさ!彼女を追い出せ!リース・ウィザースプーンにその席についてほしいんだ!

(4:38〜)
Billy: Miss, Reese Witherspoon's in town, a rare New York trip for her.
ビリー:すみません。リース・ウィザースプーンがこの街にやってきましたよ。彼女にとっては珍しいニューヨークへの旅。
: Hi.
:どうも。
Billy: Yes. Did you watch Big Little Lies?
ビリー:『ビッグ・リトル・ライズ』は観ました?
: No.
:いいえ。
Billy: Oh, you didn't? With Reese and Nicole Kidman?
ビリー:観てない?リースとニコール・キッドマンが出てるのに?
: No, I didn't, my TV's broke.
:ええ。うちのテレビが壊れてて。
Billy: Oh, goddammit!!!
ビリー:ああ、何てことだよ!!!

(4:50〜)
Billy: Ladies, make some noise for Reese Witherspoon!

ビリー:お嬢さん方、リース・ウィザースプーンの登場を歓迎してください!
: AHHHHHHHHH!!!!
アアアーーーーーー!!!!
Billy: AHHHHHHHHH!!!!
ビリー:アアアーーーーーー!!!!

(4:56〜)
Billy: Sir, when Reese Witherspoon finishes a book, does she yell done?
ビリー:どうも。リース・ウィザースプーンは本を書き上げたら「終わり!」と叫びますかね?
: No idea.
:さっぱりだね。
Billy: Oh, okay.
ビリー:ああ、そうですか。

(5:02〜)
Billy: Miss, do you think Reese Witherspoon is grateful for the freedom of speech
ビリー:すみません、リース・ウィザースプーン言論の自由を有り難く思ってると思いますか?
: Well, this is Kate McKinnon.
:えっと、彼女はケイト・マッキノンだよ。
Billy: Shut up.
ビリー:うるさい。

(5:06〜)
Billy: Sir, tell Reese Witherspoon how much she means to you.
ビリー:すみません、リース・ウィザースプーンに彼女がどれほど大事な存在か教えてあげてください。
: She is the bomb!
:彼女、最高だよ!
Billy: Yes, isn't she?
ビリー:ええ、そうでしょう?
: S! N! L!
:S!N!L!
Billy: Wait a minute.  No, it's Reese Witherspoon.
ビリー:ちょっと待ってよ。違うって。彼女はリース・ウィザースプーン
: No, yeah right.
:ああ、へえ、だろうね。
Billy: Oh, f*ck you.
ビリー:ああ、くたばれ。

 

-----------

セットに来ては準備万端の共演者にバケツの水をぶちまける人間にされてしまったローラ・ダーン。でもそんな話もものともしないだろうなと思えるくらいの自信と慈愛オーラに溢れているローラ・ダーン。好き。

ケイト・マッキノンは『ゴーストバスターズ』(2016)にも出ていてサイコーーーーーーにクィアなキャラクターを演じていていて最高なのでそっちもよろしくね!

f:id:nicjaga:20191107235211j:plain